リラックスチェア事業からの撤退を決定

// カイザースラウテルン・ドイツ

レカログループは、リラックスチェア事業からの撤退を決定しました。これにより2010年に設立されたレカロホームの事業運営は2013年1月31日をもって終了します。

親会社であるレカロホールディングは、マーケットを慎重に分析し、あらゆる可能性を 慎重に検討した結果、同事業の継続は困難であると判断しました。レカロホームのリソースは既存事業であるレカロエアクラフトシーティング(航空機用シー ト)およびレカロチャイルドセーフティ(チャイルドシート)、そして新たな事業分野の開拓に投入されます。

レカロホームは社員数13名で、2013年1月31日までは注文を受け入れ、販売店およびお客様のサポートを引き続き確保する予定です。

なお、レカログループの2011年の連結売上は3億6500万ユーロ、グループ全体で1,750名の社員を雇用しています。

riraッkusutyea事業karano撤退wo決定.pdf Download [.pdf 81.9 KB]